年をとると、関節の軟骨が少なりますが、そのせいで、関節の骨がこすれたり、ぶつかる時の衝撃を痛みとして感じやすくなります。軟骨を構成する成分をサプリメントから摂取することで、関節の痛みを緩和するという方法かあります。軟骨をつくるための成分をサプリメントで摂取して、軟骨を回復させ関節の痛みを取り除くというサプリメントが、たくさん商品化されています。軟骨をつくる成分と見なされているのはコンドロイチンや、グルコサミン、ヒアルロン酸で、この頃はプロテオグリカンも含まれます。軟骨を再生するために必要な成分だという説明がされているものの、サプリメントを飲んだから軟骨ができるということはありません。ヒアルロン酸を摂取したからといって、そのヒアルロン酸が軟骨になるための成分に使われたりはしないようです。サプリメントで飲んでも体内に取り入れられない場合もあるようですが、それでも飲み続けることは体にとって有益です。グルコサミンは炎症を抑制してくれるので、関節痛を軽くできるという意味があります。サプリメントは食品として販売されているものですので、薬のような効き方はしませんが、関節の痛みを軽減してくれる効果があるなら、使いたいという人は多いようです。関節痛対策効果がある運動もありますので、サプリメントを使いながら、運動をするという方法が適しています。関節の痛みに対してはストレッチ等の運動が効果的ですし、痩せることで関節にかかる重みを少なくすることができます。関節痛の原因になる軟骨不足を解消するためにサプリメントを利用しながら、運動量を増やしていくといいでしょう。